手紙による交流


会員になると、小学校からハイスクール卒業までの支援を行います。

その中には障害を持っている子ども達もいます(国立フィリピン聾学校の生徒)

 

毎年6月の新学期に奨学金が届けられると

「ありがとうございました!いっしょうけんめい勉強します」というメッセージがかえってきます。

子どもたちは入会時のお約束で1年に少なくても1~2回のお手紙を書くことになっています。

 

日本の会員(里親/スポンサー)も手紙やカードを送ります。

翻訳ボランティアがおりますので、日本語で書かれても大丈夫です。

クリスマスの時期などは、たくさんのメッセージが海を越えてやりとりされています。

   スカラー/里子からの手紙

   スポンサー / 里親からの手紙

 (翻訳を付けてお送りします)

   マニラからの手紙