事務局からのお知らせ


 

 認定非営利活動法人として新たにスタートを切った2020年度も中盤となりました。世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になるなか、当会では現在のところ大きな影響を受けず教育里親事業を継続できておりますこと、会員の皆さまに心から感謝申し上げます。

 さて、7月30日には理事会を無事執り行うことができました。理事会では、フィリピンやマニラの現状報告や、コロナ禍に特化した今後の支援方法について話し合い、スカラーの子どもたちが家庭にいながらオンライン授業が受けられるよう、デジタル環境整備への支援事業を検討しております。また、2020年は当会発足30周年にあたりますが、30周年記念事業については来年以降に延期することが決定しました。

 この度、会員募集のための入会案内パンフレットをリニューアルします。Facebookやホームページでも新しい情報を発信していきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

大切にしていること


●一人でも多くの子どもたちが学校に行けるようお手伝いをする

●マニラとの交流を大切にする

●対等に認め合い、喜びを分かち合える関係に

当会では、マニラの子どもたちを支援する賛助会員を募集しています。

賛助会員には2種類ありますので、どちらでも応援していただけます。

① 「1対1の交流型支援(小学校~ハイスクール)事業」

  15,000円のうち13,000円(2,000円は日本側事務経費)をマニラ側へ送金し、1名のスカラ(奨学生)を支援します。スカラーからは写真や手紙が届きます。

② 「大学支援事業」や「現地の教育環境整備事業」

  3,000円(一口)で、学生支援などの人材育成や、子どもを取り巻く環境を改善・整備する活動に充てさせていただきます。

 

 

また、マニラ育英会にボランティアとしてお手伝いいただける方は、ぜひお問い合わせください。特に、お手紙のやり取りや書類の発送作業が多い時期には大変助かります。

マニラ育英会

事務局住所:🏣020-0020 岩手県盛岡市大通 3-1-23-3F

Tel/Fax:019-604-2570(電話は土曜日 10:00~15:00)

E-mail:satooya_morioka@yahoo.co.jp 

ホームページ:http://morioka-manila-ikueikai.jimbo.com 

発行人  岩根多喜男 代表理事

編集者  平山 豪