盛岡・マニラ育英会とは


盛岡・マニラ育英会は、1990年に、フィリピン・マニラ地域で経済的な理由などによって、就学が困難な子ども達を「一人でも多く学校に通わせてあげたい!」という願いから創設されました。 

 

そして、支援活動を通じて、日本の子ども達の心を育て、日本とフィリピン両国民の相互理解、協力、および友好を深めることも、目的としております。

 

発足当時40名だった会員は、現在、北は北海道から南は九州まで全国各地に広がり、これまでに、のべ1万3千人を超える子ども達を支援してきました。

(平成26年度現在)

 

また学校(公立/私立)やボーイスカウトの会員が多いのも当会の特徴となっています。

生徒会活動として、資源回収や募金活動に取り組み、フィリピンの子ども達を応援する。

そうした活動を通じて、日本の子ども達にも、多くの学びが生まれています。

 

(里親ツアーにて)